爪切りが苦手なの!!

 朝からカリッと軽くやられました。素早くその場を離れるランちゃん。「何するんだ!」とでも言いたげな表情です。「それはこちらのセリフだ」と内心思いながら、ご機嫌取りで頭をなでようとしました。露骨に避けられました。少し距離をとって、切られた爪をぺろぺろとなめています。
 


 そうです。うちのおてんば娘のランちゃんは、爪切りが苦手なのです。引き出しから白い爪切りを取り出しただけで、すぐに逃げ出します。ですから、見つからないように爪切りを用意しなければなりません。
 


 ソファに座って、ランちゃんがやってくるのを待ちます。爪切りは、気づかれないように妻が隠し持っています。ランちゃんがそばにやってくると、坐った状態で仰向けに抱きかかえます。そして、頭やお腹をなでつつ、ご機嫌をとります。
 


 気持ちよさそうにされるがままになっているこのときが勝負です。爪切りを持った妻が素早く近寄り、ランちゃんの爪を切ります。まずは前足を握り、にゅっと爪を出します。鋭利なこの爪で引っ掻かれているのかと思うとぞっとしながら、深爪にならないように注意して爪を切ります。
 


 大抵は、一本切った時点で暴れ回り、私の腕の中から身を翻して逃げ出します。機嫌が悪いときには、猫パンチ、猫キックの雨あられ。引っ掻かれて傷までできる始末。とても痛い思いをします。



 運がよければ、二本、三本と連続で切らせてくれることもあります。その時は不思議と落ち着いていて、観念しているのか暴れることはありません。しかし、何かの拍子にスイッチが入り、逃げ出してしまうのです。


 
 このように、ランちゃんの爪をすべて切ろうと思うと数回に渡る作業が必要です。少し爪を切ってはご機嫌をとり、時間をおいてからまたチャレンジ。その繰り返しです。テレビなどを見ながら、ゆっくりと気長にやるのが一番だと悟りました。
 


 さて、今朝はまだすべての爪を切り終えていませんが、もうランちゃんが切らせてくれそうにありません。ちょっと高価なごはんでも与えて、機嫌をとろうかしら。



★ブログラインキングに参加してみることに・・・どうなることやら。
 宜しければ、以下をクリックしてください!(2016年9月23日)  

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



 「You Tube」に動画をアップロードしています。宜しければそちらもご覧ください。チャンネンル登録大歓迎です! 以下、サンプル動画です。(2016年10月13日)

動画10 オーストラリア戦へ! キーパー練習




この記事へのコメント

スポンサーリンク
登録大歓迎です!! ランちゃんのファンになってください!!
氷水がぶ飲み猫!?