【G】との初対決!?

 今まで語ってきませんでしたが、ついに解禁します。ランちゃんと、平和を脅かす? 敵との戦いについてお伝えします。



 それにはまず、ランちゃんと奴との出会いについて語らねばなりません。



 あれは、ランちゃんがうちに来て数ヶ月しかたっていない、まだまだからだも小さくやんちゃな時期のことでした。
 


 当時、一人暮らしだった私の部屋は、お世辞にもきれいだとは言えませんでした。物が散らかっているのみならず、きっと、食べかすなども落ちていたにちがいありません。



 と、ここまで読んだ時点で、聡明な読者の方々ならもうお分かりでしょう。



 そうです! 奴です!



 私の部屋には、定期的に【G】が出現していたのです。




 下の写真は、幼き日のランちゃんが【G】に狙いを定めているイメージです。からだを低くして、おしりをふるんです。(笑)


45①.JPG


 その日も仕事場から帰宅した後、ランちゃんをケージから解放し、自由に遊ばせていました。私も寝転がって、走り回るランちゃんを横目に、雑誌などを読んでいたはずです。



 突然、ランちゃんが物陰を見つめて動かなくなりました。後ろ姿がいつもと異なっています。しっぽが、ゆっくりと左右に揺れています。



 下の写真は、ランちゃんが【G】を見つめるイメージです。


45②.JPG


 ほんの束の間、緊張した時間が流れたと思ったら、あらびっくり!



 パシッ! パシッ!



 ランちゃんが床に向かって、必死に猫パンチを繰り出しているではありませんか! 



 何が起こった? とあわてて近寄ってみると、対戦相手は【G】でした。「げえ~っ、ランちゃんが汚れてしまう」と内心思いましたが、そんな私の思いなどランちゃんには通じません。



 勇猛果敢に、【G】に跳びかかっていきます。相手を恐れる気持ちなどみじんもないようです。



 前後、左右に軽いフットワーク。「蝶のように舞い、蜂のように刺す」というモハメド・アリを彷彿させる素晴らしい動きです。



 さすがに【G】の写真は載せられないので、この右前脚でがっちりととらえたボールを、【G】だと思ってください。


45③.JPG


 【G】もその快速を活かして逃げ回るのですが、ランちゃんにはかないません。すぐに猫パンチを食らい、転がされてしまいます。



 仰向けになったところを、さらにパンチされて、くるくると回転します。やっと起き上がって走り出したと思ったら、すぐにまたパンチされて、弾き飛ばされます。




 ランちゃんの優勢勝ちです。あわれな【G】を、ビニール袋でうまくキャッチした私は、窓の外に投げ捨ててやりました。今、考えればこれはこれで問題ですね。(笑)



 何と言っても、勝敗を分けたのはリーチの差でした。【G】の数十歩分を、ランちゃんは一歩で追いつけるのですから。



 とにもかくにも、この日、ランちゃんと【G】との長きにわたる戦いは始まったのです。


★ブログランキングに参加してみることに・・・どうなることやら。
 宜しければ、以下をクリックしてください!(2016年9月23日)  

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村


 「You Tube」に動画をアップロードしています。宜しければそちらもご覧ください。チャンネンル登録大歓迎です! 以下、サンプル動画です。(2016年10月13日)

動画10 オーストラリア戦へ! キーパー練習




この記事へのコメント

スポンサーリンク
登録大歓迎です!! ランちゃんのファンになってください!!
氷水がぶ飲み猫!?