キャリーケースで新幹線!?

 先日、幼い頃のランちゃんが自宅近くの動物病院にお泊りすることもあったと書きました。今回はその続きです。



 この写真は、我が家にある「キャリーケース」です。この中に入って、ランちゃんはいろんな場所に行きました。


47①.JPG


 近くの公園や動物病院、ペットホテルはもちろん、かなり遠くまで行きました。電車やバス、新幹線にも何度も乗ったことがあります。



 大抵、子どもや若い女性、老人などが興味津々で、キャリーケースの中をのぞき込んできます。「こんにちは~」とか、「猫ちゃ~ん」などと、話しかけられることも少なくありません。



 ランちゃんにとっては、めったにない外部との接触ですが、知らん顔。そっぽを向いて見ていないふりをします。極度の人見知りなんですね。



 新幹線の場合、300円程度支払えば、キャリーケースに入れていることを条件に、ペットが乗ることを許可してくれます。


 
 窓口で「普通手回り品きっぷ」なるものを購入するわけですが、私の指定席の近くに猫アレルギーの人が座っていたらどうするんでしょうね。いつも疑問に思っています。



 とにもかくにも、キャリーケースに入っているとはいえ、そこらの飼い猫では考えられない、途方もない距離を移動してきたことになります。



 キャリーケースに入れておけば、網棚の上に置いておいても、足元に置いておいても、目が届くところであれば放置することができます。ランちゃんが動いて、どこかに行ってしまうことがありませんからね。本当に助かっています。



 重宝しているこのケースですが、実はこれ、もらいものなんです。



 私と妻が旅行に出かけるとき、ランちゃんを空港近くのペットホテルに預けることになりました。
 


 それまでも、1~2日家を開けるときは、ホテルに預けていましたが、今回は4~5日間の長丁場。ランちゃん、初めての長期のお泊りです。



 その頃はまだ上の写真のような立派なキャリーケースではなく、緑色のナイロン製の袋にランちゃんを入れて運んでいました。
 


 迎えに来たペットホテルの職員に、空港でランちゃんを預けました。ランちゃんは「にゃおにゃお」と鳴いていたような気がします。
 


 旅行から帰ってきて、空港でランちゃんとご対面。その時、なぜか今のキャリーケースに入れられていました。話を聞いてみると、緑の袋をなくしてしまったとのこと。代わりに今のケースもらうことになりました。


47②.JPG


 まさかそのときのケースがこんなに役立つとは思いませんでした。本当に幸運でしたね。



★ブログランキングに参加してみることに・・・どうなることやら。
 宜しければ、以下をクリックしてください!(2016年9月23日)  

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村



 「You Tube」に動画をアップロードしています。宜しければそちらもご覧ください。チャンネンル登録大歓迎です! 以下、サンプル動画です。(2016年10月13日)

動画10 オーストラリア戦へ! キーパー練習




この記事へのコメント

スポンサーリンク
登録大歓迎です!! ランちゃんのファンになってください!!
氷水がぶ飲み猫!?