室内飼いの子猫が初めて見る雪にふれると、いったいどうなるでしょう!?

 世界の猫好きの皆さま!! こんにちは。ブログ「ロシアンブルー 猫の物語」の著作者、Ran Ran(アラフォー男子)です。本日も、ランちゃん(猫7歳女子)のほほえましい様子をお伝えします。



 大変です!! テレビでは、最強寒波襲来と騒いでいますよ!! 日本海側では、猛吹雪に注意が必要みたいです。冬将軍、活躍しすぎ!! 少しくらいサボってくれてもいいのに(笑) 雪が積もると・・・・・・野良猫さん、大丈夫でしょうかね。



 本日は、昔々、室内飼い子猫のランちゃんが、初めて雪と出会った日のことをお伝えします。



 厳しい自然と闘っている野良猫と違って、いつも安心安全な暖かい部屋にいて、雪など見たことがないランちゃんです。そんなお嬢様猫が、初めて雪を見て、その手や足で触れて、その舌でなめると、いったいどんな反応を示すかわかりますか?



 では、実際に雪をペロペロとなめている写真をご覧いただきましょう。



 こちらです!!


猫122①.JPG


 何ということでしょう!! 初めて見る雪に、まったく動揺していません。警戒することなく、なめまくっていますよ。さすがのランちゃんで・・・・・・また、ふざけてしまいました。でも、ごめんなさい。このパターン、個人的にちょっと気に入ってしまったのです(笑)



 ランちゃんがなめているのは、最近私がハマっている「papico(パピコ)ホワイトサワー 濃い味」でした。フローズンスムージーがくせになるのですよ。



 それでは改めまして、下の写真をご覧ください。


猫122②.JPG


 まだ、私が首都圏にいた頃のことです。あの日は、朝から雪が降り始めて、気づけば帰宅する頃には電車が遅れてしまうほど降り積もっていました。



 なんとか自宅まで帰ってきた私は、「そうだ! ランちゃんに雪を与えてみよう!」と思ったのです。自宅周辺に降り積もっている比較的きれいそうな雪を、用意したゴミ袋の上に乗せて、部屋に持ち帰りました。



 そして、ランちゃんの眼の前に、真っ白な雪を広げてみた場面を切り取ったのが、上の写真です。



 初めての雪に興味津々の子猫のランちゃんは、恐る恐る近づいていきました。前足でチョンチョンと雪にふれては、その冷たさに驚いていたような気がします。最終的には、アイスキャンディーをなめるように、ペロペロと雪に舌を走らせていました。



 室内の狭い世界しか知らないランちゃんにとっては、大変貴重な経験となりました。残念ながら、このときの写真は上の1枚しか残っていません。もうちょっと写真に残しておけばよかったなと、今さらながら後悔する私なのでした。



 以上、本日はここまでとさせていただきます。「ロシアンブルー 猫の物語」を最後までご覧いただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしています。



 「You Tube」に動画をアップロードしています。宜しければそちらもご覧ください。チャンネンル登録大歓迎です! 以下、サンプル動画です。

Russian Blue21 レーザーポインターで遊ぶ猫!?



Russian Blue12 マッサージの快楽に溺れる猫!?




みんな、登録してくださいね


にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村へ
ポチッと押してくださいね



ペット(猫) ブログランキングへ
こらちも宜しくお願いしますね

この記事へのコメント

登録大歓迎です!! ランちゃんのファンになってください!!
小猫の時に爪とぎの使い方を教えたので、壁や柱は引っ掻きません!!